子どもたちの未来を拓く~キャリア教育推進プロジェクト「おしごとはくぶつかん」

高まる「キャリア教育」の重要性

「キャリア教育」のコンセプト
 子どもたちが自分の人生を自分で設計し、生き生きと力強く生きて行くために

一般社団法人日本文化教育推進機構は、設立以来「キャリア教育」を重視し、その啓発活動に力を入れてまいりました。

*

わたしたちが考えるキャリア教育のコンセプト、それは
「これからの日本を元気にする」ということです。

これからの労働力低下にともない、次世代を背負って立つ若者一人一人がますます「元気」に「積極的」に「日本の社会を背負う」気概で生きていってもらいたい。
世の中にある様々な職業、生き方、考え方に早くから触れてもらいたい。
子どもの知る権利、生きる権利を守りたい。

そのために、日本文化教育推進機構は、小学生を中心としたキャリア教育事業を展開していきます。

普段そうした情報に接する機会のない子どもに、「こんな仕事があるんだ」「こういう仕事をしてみたい」と気づかせるのがキャリア教育の第一歩です。

国もキャリア教育の重要性を認識し、2011年、文部科学省がキャリア教育を強く推奨する報告書を発表しました。それに伴い、学校教育の現場の教師や小学生の保護者の間にも、キャリア教育への期待が高まっています。

「おしごとはくぶつかん」プロジェクトのスタートと参画

そのような社会の動きとは反し、現在、キャリア教育を推進するための最適な教材がないのが現状です。子どもたちによりリアルに社会活動を感じてもらえるような教材をつくるためには、教育界、産業界をはじめとする関係各者の協力体制が必要ですが、これまでそうした仕組みがありませんでした。

このような現状を踏まえ、私ども日本文化教育推進機構は、2015年に朝日新聞社が中心となってスタートしたキャリア教育事業「おしごとはくぶつかん」プロジェクトの趣旨に賛同し、企画協力を行うことにしました。

子ども達へのキャリア教育支援を通じて、社会貢献活動を検討中の企業様、また、キャリア教育の教材を求められている教育現場の皆様との橋渡しをしたい―私ども日本文化教育推進機構はそう願っております。

社会貢献活動としてのキャリア教育に関心のある企業様、教育現場の皆様からのお問合せをお待ちしております。

企業様のお問合せはこちら

教育関係者様のお問合せはこちら

「おしごとはくぶつかん」プロジェクト概要

「おしごと年鑑」の出版と教育現場への配布

おしごと年鑑
*

「おしごとはくぶつかん」プロジェクトは、学習指導要領に準拠した内容で 、授業で実際に使える副教材を提供することをその主旨としています。そしてその第一弾として「おしごと年鑑 2016」を2016年6月に発行いたしました。

「おしごと年鑑 2016」は、50以上の企業 ・団体様からの協賛を得て 28,500 部を発行し、全小学校20,350校と現役教師5,000名などに寄贈しました。

年鑑では企業や団体のお仕事を「身近な生活につながるお仕事」「食べたり飲んだりに関わるお仕事」「社会の土台を支えるお仕事」「未来を生み出す科学技術のお仕事」「知る・学ぶ・楽しむをかなえるお仕事」などのカテゴリに分け、仕事に関して子どもが素朴に思う質問に対して、企業の担当者が丁寧に答えるわかりやすい構成になっています。

教師向けには、どの記事が学習指導要領のどの科目の何年生の授業に使えるのかの情報や、その授業の計画を立てるときに参考となる「教師用指導案」 も盛り込み、使いやすい副教材としての工夫を凝らしています。

企業様のお問合せはこちら

教育関係者様のお問合せはこちら

「おしごとはくぶつかんキッズ」サイト開設

おしはくキッズ

電子黒板の普及など、小学校でもICT化が進められていることを念頭に、「おしごと年鑑 2016」に掲載されているお仕事紹介記事も、Webサイトで見れる仕組みになっています。

Webサイト「おしごとはくぶつかんキッズ」( http://www.oshihaku.jp/kids/ )は、小学校での電子黒板やタブレット端末に加え、家庭での利用などを考慮して、スマートフォンからでも読みやすいよう、横長の年鑑紙面を縦長にレイアウトを変更しています。サイトではさらにそれぞれの仕事に関連したクイズを5レベル、各5問用意しており、ゲーム感覚で繰り返し学べるように工夫されています。

「おしごとはくぶつかん情報館」サイト開設

おしごとはくぶつかん情報館

「おしごと年鑑」を読んだり、「おしはくキッズ」を楽しんだりすることで、子どもたちは実際の仕事の現場を見たくなることでしょう。そうした思いに応えるWebサイト「おしごとはくぶつかん情報館」( http://www.oshihaku.jp/ )を開設しました。「おしはく博物館」では①公立・私立(企業)博物館や②工場見学・職業体験プログラムなどを実施している工場、さらに③キャリア教育につながるさまざまな施設情報を網羅的に掲載しています。

サイト内の検索機能を使い、興味分野などの項目をチェックすると、その条件に合致した施設をすぐに見つけることができます。
情報掲載料は無料で、各施設からの情報提供を受け付けています。

*

企業様のお問合せはこちら

教育関係者様のお問合せはこちら